Zama talk

2017年01月25日
「<ワークショップセミナー>キャッチコピー力養成講座」 川上 徹也 氏
 第1171回 マーケティング創造研究会
日 時 2017年01月25日(水)14:00~17:00
テーマ <ワークショップセミナー>キャッチコピー力養成講座
講 師  湘南ストーリーブランディング研究所 代表 川上 徹也 氏


今回は、湘南ストーリーブランディング研究所代表の川上徹也講師をお招きして、
キャッチコピー力養成のためのワークショップ形式のセミナーをご指導頂きました。

(主な内容)

1.「言葉」を最強の武器にする方法
2.「キャッチコピー力」の基本
3.ストーリーブランディングと川上経営
4.ワークショップ
5.必ず売れる究極のキャッチコピーとは?


 

 



「キャッチコピー力」とは、“ひとの心をつかむコトバを見つけ、短く的確に文章化する
能力”ですが、単にそのための技術だけではなく、「マーケティングの根底にある考え方」
や「人間の心理」と「言葉のもつ力」を基本にご解説頂きました。

まずアリストテレスの“説得の3要素”――1.ロゴス(論理、理屈) 2.パトス(熱意、情熱)
3.エトス(信頼)から、この3ポイントが含まれていると、相手は自ら動きたいと思う
可能性が高まる。
「話し言葉」と「書き言葉」の違い。「何を言うか?」と「どう言うか?」。
メリットとベネフィットの違いは?。ルンバ(お掃除ロボット)のやメリットから利用者の
ベネフィットを考える。機能的ベネフィットと感情的ベネフィット 。
受け手に「自分と関係ある」と思ってもらうための5W――1.得すること(ベネフィット)を
提示 2. ニュースを知らせる 3.欲望を刺激する 4. 恐怖と不安でやさしく脅す 5.信用を売り
に繋げる 。
売りにつながる10の欲望。落ちないリンゴ。鼻セレブ。ストーリー・ブランディングの3本
の矢――「志」(大義。旗印)・「独自化のポイント」(独自の特徴や強み、他社と差別化
できる点)・「魅力的なエピソード」(志や独自化のポイントと繋がる実際にあった象徴的
なエピソード)。
キャッチコピーの3つの階層(川下コピー・川中コピー・川上コピー)。川下コピーだけでは
効果は一時的・限定的。

等々をご解説頂いたうえで、ご参加者にグループワークをして頂き、発表して頂きました。

川下コピーだけを考えるのではなく、川上、川中も考えることの必要性がよくわかりました。

(マーケティング共創協会 座間 忠雄)


  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内