Zama talk

2015年07月01日
「15年間の『ベストコスメ』から女性のニーズ変化を読む~『日本最大のコスメ・美容の総合サイト@cosme』のクチコミから見る化粧品へのニーズと最新トレンド~」原田彩子氏・西原羽衣子氏
 第1135回 マーケティング創造研究会
日 時 2015年7月1日(水)14:30~16:30
テーマ 「15年間の『ベストコスメ』から女性のニーズ変化を読 む~
『日本最大のコスメ・美容の総合サイト@cosme』のクチコミから見る
化粧品へのニーズと最新トレンド~」
講 師 株式会社アイスタイル マーケティングオペレーション部 リサーチプランナー
原田彩子氏・西原羽衣子氏


 今回は、日本最大のコスメ・美容の総合サイト「@cosme」を 運営する
(株)アイスタイルの原田彩子氏、西原羽衣子氏を講師にお招きし、 15年間の
「ベストコスメ」から見た化粧品のニーズ変化と最新トレンドについてご解説
頂きました。




 

(主な内容)

  1.化粧品におけるクチコミの役割


 ・@cosme(アットコスメ)では、あらかじめ登録いただいているメンバーに
  ご自身が美容を目的として使用した商品の使用感や感想をクチコミとして
  投稿頂いている。
 ・@cosmeを女性の4割が参考にしている(最多層は25歳~35歳)
 ・どのようなクチコミが読まれているか
 ・クチコミするのは評価が悪かった時より良かった時




  

 2.クチコミから見るニーズの変化


 ・@cosmeで最もクチコミされた商品「大島椿」
 ・「大島椿」コメントの変化(拡大期・安定期・再評価期)
 ・商品は変わらなくても訴求によって消費者にとっての価値は変化する



  

 3.歴代ベストコスメ受賞商品の変遷


 ・受賞商品プチプラ比率の推移
 ・受賞商品へのクチコミ内容の推移と最近の傾向




  

 4.“いま”の人気コスメから見る最新ニーズ


 ・「上半期新作ベストコスメ」歴代受賞商品
 ・受賞商品プチプラ比率の推移
 ・2015年人気のコスメは
 ・“いま”の人気コスメから見る最新ニーズ



  




 クチコミする理由について「商品がよかったから」(90%)、「商品が悪かったから」
(59%)というのが面白かった。また「15年間で最もクチコミされた商品」として
「大島椿」が挙げられていましたが、その拡大期、安定期、再評価期の変化の中で
「商品は変わらなくても訴求によって消費者にとっての価値は変化する」という話も
興味を持ちました。

「ベストコスメアワード」受賞商品へのクチコミ投稿者の推移では、「20代によるものが
最も多いが、その割合は減少しており、30~40代の「オトナ女子化」が進んでいる・・・
社会の変化、時代の変化を感じます。

2015年上半期新作ベストコスメ大賞に「マキアージュ ドラマティックルージュ」が選ばれ
ています。その評価のポイントのひとつとして「心地よい使用感」が挙げられていて・・・
脳科学に着目し、言葉では言い表わせられない「直感で美しい・心地よい」と感じる効果を
検証する研究から生まれた、という話もありました。脳科学の時代ですね。

 さらには「商品名から心地よい使用感が伝わる」あるいは髪の美しさについて「見た目で
感じる美しさ」が減少して「触って感じる美しさ」が上昇という話にも五感の面白さを感じ
ました。

 

(マーケテイング共創協会 座間 忠雄)


  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内