(2012/11/14)第1080回 マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】 感性ネーミング  
~ ターゲットに「快」を感じさせ、選ばれるネーミングにするには ~
講師
株式会社 感性リサーチ 代表取締役社長 黒川 伊保子 氏
日時
2012年11月14日(水) 14:30~16:30
参加費用
研究会会員―2名様無料 追加1名様につき10,500円
情報会員―1名様10,500円
一  般―1名様15,750円
場所
ハロー会議室新富町(東京都中央区新富 2-14-17 新光第一ビル 7F) 地図

消費者が「快」を感じ、商品を選んでくれるネーミングとは・・・
今回は、語感分析の専門家として、また「脳の気分」を読み解く感性アナリストとして活躍されている
黒川伊保子先生をお招きして、感性ネーミングについてご解説いただきます。


ことばのイメージ=語感は、意味とはまた別に、そのことばの発音の体感によっても生じている。
例えば、「マシュマロ」と発音するとき、人は、口腔に息を柔らかく溜めて、弾力を確かめるように転がしている。
「せんべい」と発音するときは、舌をひらべったく硬く使っている。
発音の体感こそが、そのことばを呼ぶ者の脳に共通のイメージを創り出している。
しかも、この体感は、直感を司る小脳に直接届く。意味よりも早く脳の潜在域を牛耳り、
快・不快の判定につながっている。商品名や企業名など、イメージが何より大事なブランドネームにおいては、
この語感(発音体感)効果ははかりしれない。
では、ターゲットに「快」を感じさせ、選ばれるネーミングにするにはどうしたら良いのか。
そこには押さえておくべき法則が存在する。

1.潜在脳に働きかける語感の秘密
   ・語感とかたちを関連づける人類普遍の機構
   ・脳の潜在域にイメージを作り上げる発音体感
2.感じることばの第一法則 ~名と実体が一致すると気持ちいい
3.感じることばの第二法則 ~年齢や性別で、気持ちいい語感は違う
4.感じることばの第三法則 ~時代によって、気持ちいい音は違う
5.ネーミングとは、商品の未来をデザインすること

< 黒川 伊保子 先生のプロフィール >

株式会社 感性リサーチ 代表取締役
感性アナリスト、随筆家、倉敷芸術科学大学非常勤講師、日本感性工学会評議員

脳科学の見地から「脳の気分」を読み解く感性アナリスト。
「市場の気分」を読み解く感性マーケティングの実践者であり、「男女脳の気分」を読み解く男女脳論の専門家、「ことばが脳にもたらす気分」を読み解く語感分析の専門家でもある。人工知能(AI)エンジニアを経て、2003年、世界初の語感分析法サブリミナル・インプレッション導出法を発表、独自の感性分析術が注目を浴び、感性研究の第一人者となる。
脳の研究からくりだされる男女脳の可笑しくも哀しいすれ違いを描いた随筆や恋愛論、脳機能から見た子育て指南本、語感の秘密を紐解く著作も人気を博し、日本テレビ「世界一受けたい授業」に出演、NHK教育テレビ「日本語なるほど塾」の講師として起用されるなど、TVやラジオ、雑誌にもたびたび登場。さらに、語感分析法を応用した、名前の恋力を占う携帯コンテンツ「恋音」も好評運営中で、アカデミックからビジネス、エンタメまで、広く活躍中。
1959年長野県生まれ、1983年奈良女子大学理学部物理学科卒。

【近著】
ことばの科学:「日本語はなぜ美しいのか」(集英社新書)、
「名前力~名前の語感を科学する~」(イーステージ新書)、
「感じることば ~思考をめぐる情緒の冒険」(筑摩書房)
恋愛論:「恋愛脳 ~男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか」(新潮文庫)、
    「夫婦脳 ~夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか」(新潮文庫)、
    「運がいいと言われる人の脳科学」(新潮文庫)、
「愛され脳になれる魔法のレッスン」「王子様に出会えるシンデレラ脳の育て方」(講談社)、
「しあわせ脳練習帖」「しあわせ脳学習帖<男ゴコロ取扱説明書>」(講談社)
男女脳論:「天才柳沢教授の生活 マンガで学ぶ男性脳“男はここまで純情です”セレクト18」
「天才柳沢教授の生活 マンガで学ぶ男性脳“男はこんなにおバカです! ”セレクト16」
                                   (講談社+α文庫)
子育て論:「しあわせ脳に育てよう」(講談社)
ビジネス書:「なぜ、人は7年で飽きるのか ~ブレインサイクルの秘密」(中経出版)、
「ことばに感じる女たち」(ワニ文庫)「無邪気な脳で仕事をする」(ファーストプレス社)「脳のタイプで仕事のやり方を変えなさい!」(メディアファクトリー)
脳科学、エッセイ:「淑女のラブレター」(辰巳出版)、「恋するコンピュータ」(ちくま文庫)
最新刊:いい男は「や行」でねぎらう いい女は「は行」で癒す (宝島社新書)

株式会社 感性リサーチ http://www.kansei-research.com/

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内