(2012/5/17)第1073回マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】 匂い・香りのマーケティング ―嗅覚マーケティングの可能性―
講師
調香師/匂い・香り研究家 鈴木 隆 氏
日時
2012年5月17日(木) 14:30~16:30
参加費用
研究会会員-2名無料 追加1名につき10,500円
購読会員-1名10,500円
非会員-1名15,750円
場所
ハロー会議室 新富町 地図
第1073回マーケティング創造研究会

最近、日常生活の様々な場面で香りを楽しみたいというニーズの顕在化に伴い、化粧品・食品・飲料分野だけでなく、日用品分野においても香りのマーケティングが好調です。  今回は、調香師としていろいろな商品分野の香り開発をされ、匂い・香り研究者としても活躍されている標記鈴木講師をお招きして下記内容についてご解説頂きます。
1.消費者(人間・ヒト)にとって「匂い」とは何か
 ①ヒトの嗅覚の特徴と脳
 ②匂い識別の原理と限界
 ③匂い・香りとそれを表現する言語の関係
 ④快適な香りと不快な匂いを分ける分岐点
 ⑤五感の中の位置づけとクロスモーダル
 ⑥西洋と東洋の違い/日本の匂い文化
 ⑦商品と匂いの歴史 (香りや匂いでエポックメーキングとなった例)
2.調香師とは
 ①匂いのデザイナー=五感デザイナー
 ②仕事の進め方(上手な付き合い方)
3.匂い・香り開発の進め方
 ①香りや匂いはどういう効果を持っているか
  ・プラスの効果とマイナスの効果
  ・クロスモーダル・マーケティングの切り口
 ②香り・匂いを使った新たな商品開発の可能性
  ・食品・飲料・化粧品・日用品などの場合
  ・サービス業などの場合
 ③過去・現在~これからの匂いトレンド
 ④マーケターとしての香りセンスの磨き方

< 鈴木 隆 先生のプロフィール >

調香師/匂い・香り研究家

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内