(2011/7/20)第1060回 マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】 共創マーケティングの時代へ
講師
株式会社 ヤクルト本社 広告部長 平野 淳 氏
日時
2011年7月20日(木) 14:30~16:30
参加費用
研究会会員-2名無料 追加1名につき10,500円
購読会員-1名10,500円
非会員-1名15,750円
場所
銀座ブロッサム 7F 「マーガレット」 地図
今後、人口減少・所得の減少など、市場そのものがシュリンクし かねない状況が想定される時代になってきています。 また、インターネットの普及・ソーシャルメディアの成長など、消費者 の情報行動が大きく変化し、新しいマーケティングコミュニケ―ション の仕組みを作ることが必要になっています。  その中では、マーケティングの目標・戦略の考え方も大きく変えてい かなければならない状況です。  従来のメーカーのブランド間競争という競争戦略的視点では、 市場のシュリンクは止められません。  したがってカテゴリーの消費者における価値を高め、そのカテゴリーが 担っている根本ニーズを喚起する、など、従来とは異なるアプローチが 必要になっています。  その際には、従来の枠を越えた、メーカー間の共創や、メーカーと 消費者との共創という考え方が現れてくるのではないか、と考えます。 1.共創のマーケティングの時代  ①人口減少・所得の減少による市場のシュリンク  ②消費者のコミュニケーション行動の変化  ③ブランドマネジメントからニーズマネジメントへ 2.メーカー間の共創  ①ニーズマネジメントとはなにか  ②ニーズマネジメントの事例紹介  ③ニーズマネジメントの共創 3.消費者との共創  ①新しいマーケティング・コミュニケーションの仕組みづくり  ②ソーシャルメディアを組み入れたコミュニケーションの仕組み  ③消費者との価値共創

< 平野 淳 先生のプロフィール >

株式会社 ヤクルト本社 広告部長

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内