(2011/4/22)第1056回 マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】 消費を決める嗜好とは何か!?―最新の脳・神経科学から―
講師
NTTコミュニケーション 科学基礎研究所 研究員(前:ERATO下條(信輔)潜在脳機能プロジェクト・メンバー)廣中 直行 氏 
日時
2011年4月22日(金)14:30~16:30
参加費用
研究会会員-2名無料 追加1名につき10,500円
購読会員-1名10,500円
非会員-1名15,750円
場所
銀座ブロッサム 7F 「マーガレット」 地図
最近は脳・神経科学を商品開発やマーケティングに生かそうとする試みが 盛んになり、興味深いトピックも出ています。しかし本格的な応用の前に、 様々な知識を整理し、脳科学の基本を理解する必要があるともいわれます。 今回は、「人はなぜハマるのか?」「やめたくてもやめられない脳」などを著し、 人間の持つクセを知り尽くした研究者、標記廣中講師をお招きし、 「脳の構造と機能の基本知識」、消費行動、商品・ブランド選好などに 密接に関わる「人間の情報処理のクセ・嗜好」についてご解説いただきました。 1)急速に発展した脳・神経科学の現状と問題点  ・研究現場・成果と実社会のニーズの隔たり。  ・局在論と全体論、捏造感など。 2)脳の構造とはたらき:  ・脳の構造と進化:(低次」の脳と「高次」の脳、情動、プラセボ効果など)  ・脳の動作原理:(認知神経科学による「ヒトの情報処理のクセ」、             安定・変化・首尾一貫性など各種傾向と最新知見と理論) 3)脳の柔軟性と人間存在:「ハマル」「ノメリコミ」のメカニズム 4)今後の展望:「あらゆるものが嗜好品化する」と言われる今日、  ・消費者が求めるもののポイントは。  ・KW:報酬探索、美と快、祝祭性、個性、クスリ,買い物,人間関係…

< 廣中 直行 先生のプロフィール >

NTTコミュニケーション科学基礎研究所 研究員

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内