(2012/4/26)第1072回 マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】 消費者のニーズをとらえる「行動観察」調査の手法
講師
株式会社 エルネット 行動観察推進部長 越野 孝史 氏
日時
2012年4月26日(木) 14:30~16:30
参加費用
研究会会員-2名無料 追加1名につき10,500円
購読会員-1名10,500円
非会員-1名15,750円
場所
ハロー会議室新富町 地図
従来のインタビュー調査やアンケート調査ではなかなかとらえられなかった
消費者の潜在的なニーズや意識化できないニーズを発見する手法として、
いま「行動観察」手法が注目されています。
今回は、標記越野講師をお招きして、商品開発のための「行動観察」手法の
考え方・実際を活用事例を折りこみご解説頂きます。
 
プロローグ
・行動観察とは?
・定量リサーチと定性リサーチ
・行動観察で見るもの
 
1.「行動観察」技術開発の背景
・マーケティングパラダイムの転換
・サービスサイエンス
 
2.「現場」起点のマーケティング手法「行動観察」とは?
・「行動観察」の領域
・「行動観察」の優位性
・観察の方法
・分析の視点

3.「行動観察」の実際
・「行動観察」の活用フィールド
・「行動観察」の手順
・様々な観察方法
・分析の手順
 
4.事例で学ぶ「行動観察」
・商品開発目的での行動観察活用事例
・サービス改善目的での行動観察活用事例
・その他の行動観察活用事例
 
5.「行動観察」結果の活用
・「行動観察」調査のゴール
・「解釈」から「アイデア」へ…
・「行動観察」の限界

< 越野 孝史 氏のプロフィール>
1958年 福井県生まれ
1983年、立教大学経済学部卒業後、大日本印刷㈱、㈱ドゥ・ハウス取締役などを経て、2006年㈱エルネット入社。
現在、㈱エルネット 行動観察推進部長 兼 ビジネス企画部長。大阪ガス行動観察研究所主席研究員。








 

< 越野 孝史 先生のプロフィール >

合同会社リアル・アイズ 代表社員
1983年、立教大学経済学部卒業後、大日本印刷㈱入社。
その後、㈱ドゥ・ハウス取締役など一貫して企業のマーケティング課題へのソリューションに取り組む。
2006年㈱エルネット(現:株式会社オージス総研 行動観察リフレーム本部)入社。
2008年より同社の提供する「行動観察」のビジネス化・ブランド化に携わる。
2016年2月 合同会社リアル・アイズ設立 同社代表社員となる。
*「行動観察」をはじめとした講演・研修講師経験200超。

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内