(2016/6/10~)MCCA マーケター養成講座
テーマ
【終了】第6期 太田昌宏のActive Learning <基礎コース>
講師
公益財団法人 日本生産性本部 主任経営コンサルタント 太田 昌宏 氏
日時
全5回 6月10日(金)13:30~18:00 6月24日(金)13:30~18:00 7月 8日(金)13:30~18:00 7月22日(金)13:30~18:00 8月 5日(金)13:30~18:00
参加費用
CMSメンバー:1名 97,200円(税込)、一般:1名116,640円(税込)
※同一企業、2名以上の場合はご相談ください。
場所
京華スクエア 中央区立ハイテクセンター 地図

講座の詳細プログラム【PDFファイルが開きます】↓↓↓
講座案内PDF

演習、ケースを中心にしたディスカッション形式で使える商品開発・マーケティング力を身につける
【この講座の特徴】
(1)リアルな体験をベースに、ライブ感のある講座内容で、すぐに使える実践力が身につきます!
  『商品企画できない社員はいらない』を用いて、商品開発の勘所を豊富な経験談と様々な事例で、
  リアル感を持って伝えます(受講料に書籍代を含みます)。

(2) アクティブラーニング(能動的学習)で、行動変革を促します!
  グループ演習、ケーススタディ、ゲストスピーカー等の変化に富んだ内容で、自分事として学でいただき
  腑に落としていただきます。
(3)「リフレクティブシート」で、学びを定着させます!
  当日の気づきと疑問を整理し、次回の講義で講師がフィードバックすることで毎回の講義が確実に定着します。

(4)マーケティング個別相談会を実施!
  2日目以降、希望者に対し、講師による個別相談会を午前中に実施します。

(5) 講座終了後も継続できる多様なマーケター人脈が形成できます !
  講義中のグループ演習、講義後は講師を交えた交流会(自主参加)を毎回実施し、濃厚な共有時間を重ねることで、
  マーケターとして財産となる人脈が形成できます。

【このような方に受講をお勧めします】
  ・いま一度商品開発のやり方を見直してみたい!とお考えの商品開発ご担当者
  ・マーケティング部門・商品企画部門に配属されて数年の若手メンバー
  ・他部門からあらたにマーケティング部門・商品企画部門に配属された方

【過去の受講者の声】
 ★開発業務に全く自信がもてなかったが、受講して、挑戦したい気持ちが強くなった。
  自分の不足していることは勉強し、関わる方と自ら協力していけばよいのだと気付いた。
  日常の気づきを増やすなど、少しづつでもマーケター目線を心がけようと感じた。(食品)
 ★若手の方はもちろん、ある程度の年齢で異動された方も、更に今まで何となく企画を
  業務としてこなされて来た方に非常に勉強になるセミナーと思います。(建材関連)
 ★社内での他部署や現場との関係のポイントや、マーケティング知識だけでなく、
  リアルなメーカーの視点であらゆる角度からヒット商品の作り方を知ることが出来ました。
  講座が終わっても、ときどきテキストを読み返し、学んだことを自然に身につけられるよう
  日々意識していきたいと思います。(化粧品)
 ★自分の甘さを痛感し、日々の中でも自分の感度を磨く術はたくさんあることを知りました。
  今後も可能な限り、勉強会に参加したいと思っています。
  自分が変われば、環境が変わります。まずは積極的でポジティブな人を目指しましょう。(食品)
 ★他の業界の人と、仕事を介さず親しくなれる機会はなかなかないので、
  商品開発について一から学べるという点、人と親しくなれるという点でも、
  とても有意義なセミナーでした。ゲストスピーカ―の話もとても面白くて、
  太田さんからは仕事のハウツーについて、遠藤さんからは仕事をする上での
  心構えみたいなものを教えて頂き、大変いいまとめでセミナーを終了することができました。(食品)
 ★毎回セミナーが終わるごとに、仕事に取り組む姿勢の見直しがされたと思います。
  グリコとはもちろん社内の技術や商品に対する考え方も違い、会社によって応用できることと、
  できないことははっきりしていますが、そのなかでもできることをやっていきたいと
  勇気をもらえた気がします。(食品)
 ★自分が普段仕事で抱えている悩みが共有できて、社外の同じ立場の人たちで解決法を考えると
  いう機会はめったにない。みんな同じようなことで悩んでいるんだな~とちょっと安心できる。
  更に普段は関わることのない業界の人だからこその意見も聞けて、社内会議では絶対に
  出てこないような視点もあった。(印刷関連)

< 太田 昌宏  先生のプロフィール >

公益財団法人日本生産性本部 主任経営コンサルタント 

神戸大学大学院修士課程修了後、 神戸大学農学部大学院修士課程修了後、
江崎グリコ株式会社入社。
菓子開発研究所でチョコレートの開発に従事。
社命によりテキサス大学に留学、MBA取得。
帰国後、菓子の商品企画に携わり10年間ポッキーのブランドマネージャーとして、
新製品開発、広告プロモーション、営業戦略、市場導入策、商品リニューアル等ブランド全般を運営する。
その間、メンズポッキー、ムースポッキーをはじめ多くの新製品を開発。
チョコレート全般の統括マネージャーを経験した後、退職。
現在は、公益財団法人日本生産性本部のコンサルタントとして、
食品及び消費財メーカーでのコンサルティング、企業や公開セミナーの講師として活動中。
同時に、(財)生涯学習開発財団認定コーチとして、階層別研修等で、人財教育にも活動を広げている。
能動的マーケティング研修は、分かりやすく、共感できる内容で、多くの気づきを得れると受講生に好評。
著書は他に、「ヒット商品が面白いほど開発できる本」(中経出版:タイ語の翻訳本もある)、
共著に「1 からの商品企画」(碩学舎)がある。

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内