(2016/01/20)第1148回 マーケティング創造研究会【緒方直美 講師】
テーマ
【終了】“考え方のクセ”で人を読む。ビデオリサーチの生活者セグメント
情報感度やモノを買うときの選択基準で人を読む「情報×選択セグメント」
講師
株式会社ビデオリサーチ ひと研究所 主任研究員 緒方 直美 氏
日時
2015年1月20日(水)14:30~16:30
参加費用
CMSメンバー(年間参加権契約メンバー):チケット制
情報会員 ―1名様10,800円(税込)消費税8%
一  般 ―1名様16,200円(税込)消費税8%
     【請求書到着後、銀行振込み】
★お申込みのキャンセルは、1月18日(月)17時まで、メールにて承ります。
場所
ハロ-会議室 茅場町 <東京都中央区日本橋茅場町2丁目9-5 日進ビル3階> 地図

毎年、新春第1回の研究会は、消費者全般のトレンドを俯瞰するテーマで開催しています。
今年は、㈱ビデオリサーチ ひと研究所 主任研究員 緒方 直美 氏を講師にお迎えし、
㈱ビデオリサーチ独自の分類別に捉えた現代社会の生活者とアプローチ方法についてご解説いただきます。


【アジェンダ】
1.「コミュニケーション・カオス」時代とは?
     ・現代社会の3つのカオス
     ・マインド・バリアを突破する穴「マインド・ホール」

2.このような時代をどのように捉えればよいのか?
     ・生活者の「考え方のクセ」
     ・S-O-Rモデルを用いた「考え方のクセ」のタイプ分類=情報×選択セグメント
     ・商品の選び方に見る「考え方のクセ」
     ・あなたの「考え方のクセ」のタイプは?

3 .生活者へのよりよいアプローチ方法
     ・タイプによって異なる「メディアとの心の距離」
     ・タイプによって異なる「刺さるメッセージ」
     ・メディア×メッセージによるコミュニケーション事例紹介

4.活用事例のご紹介 
      

< 緒方 直美 先生のプロフィール >

株式会社ビデオリサーチ ひと研究所 主任研究員
■略歴

2004年ビデオリサーチ入社。テレビ視聴率調査・分析担当、各種調査設計・分析を経て現職。
若者研究などにも取り組みながら、生活者セグメントの研究・開発を行う。

▽専門:生活者研究、若者研究など。



 

■その他活動情報

ホームページ


  






 

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内