(2015/10/07)第1143回 マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】ビックリマン<悪魔VS天使> 30年目の新たなる挑戦 ~再ブームの兆しをいかにつくるか~
講師
株式会社 ロッテ マーケティング統括部 商品企画部 こどもゴコロ企画室  本原 正明 氏
日時
2015年10月 7日(水)14:30~16:30 【9月16日(水)より一般受付開始】
参加費用
CMSメンバー(年間参加権契約メンバー):チケット制
情報会員 ―1名様10,800円(税込)消費税8%
一  般 ―1名様16,200円(税込)消費税8%
場所
ハロ-会議室 茅場町 <東京都中央区日本橋茅場町2丁目9-5 日進ビル3階>  地図
ビックリマンチョコはシールのおまけが付いた菓子で、1977年に発売され、
今年で38年を迎えるロングセラー商品です。
特に1985年に発売開始された「悪魔VS天使」シリーズは大ブームを起こし、
シール目的で購入する「社会現象」にもなりました。

「悪魔VS天使」シリーズ30周年を迎え、ビックリマンチョコブーム再来の兆しがあります。
ヒット商品が生まれない時代に、昔馴染んだ商品の復活が注目されています。
アニメや漫画などの原作は無く、お菓子の中で独自のストーリーが展開されていったビックリマン。
そこには、どのような狙いがあったのでしょうか。

株式会社 ロッテ マーケティング統括部の本原 正明 氏を講師にお招きし、
「ビックリマン」のマーケティング戦略についてご解説いただきます。


【アジェンダ】
  Ⅰ 「ビックリマン」の歴史

  Ⅱ ロングセラーブランドとしての強みと弱み

  Ⅲ 再ブームの兆しをつくるための新たなる挑戦

< 本原 正明 先生のプロフィール >

株式会社 ロッテ マーケティング統括部 第一商品企画部 こどもゴコロチーム
■略歴
2007年株式会社ロッテに入社。同年、ロッテ商事株式会社に配属となり、菓子営業(近畿)および
本社営業企画部を経て、2010年より商品開発部に所属(現・マーケティング統括部)。

チョコレートの商品開発を経験後、現在は「ビックリマンブランド」を含めたキッズカテゴリーの
チョコレート全般マーケティング業務を担当。課題であったビックリマンファンの裾野を拡大する為に
「ももクロ」や「モンスターハンター」「パズドラ」「スター・ウォーズ」等のコラボ商品を手掛ける
だけでなく、千葉ロッテマリーンズとの球団コラボ企画やビックリマン原画展企画、日本記念日協会に
認定された「4月1日はビックリマンの日」記念日企画等の様々な斬新なアイデアでビックリマン再ブーム
の兆しをつくる仕掛け人。

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内