(2014/9/18)第1119回 マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】売るためのパッケージデザインの活用方法
講師
株式会社 プラグ(旧 株式会社 アイ・コーポレーション)代表取締役社長 小川 亮 氏
日時
2014年9月18日(木)14:30~16:30
参加費用
CMSメンバー(年間参加権契約メンバー):チケット制
情報会員 ―1名様10,800円(税込)消費税8%
一  般 ―1名様16,200円(税込)消費税8%
     【請求書到着後、銀行振込み】
場所
ハロ-会議室 茅場町【2014年1月から会場を変更いたしました。ご注意願います。】 <東京都中央区日本橋茅場町2丁目9−5 日進ビル3階> 地図

【講師からのメッセージ】
パッケージデザインは消費者接点の多い、重要なメディアであり
顧客の記憶に残るブランド資産でもあります。
マーケティング活動はパッケージデザインをうまく活用することで
実に効果を発揮することができます。
今回のお話では、豊富な事例を元に、マーケティング活動における
パッケージデザインの役割とその活用方法についてご紹介するとともに
最近注目されている「デザイン思考」による問題解決・商品開発の
方法についてもご紹介します。


【アジェンダ】
はじめに
 ~ 最近の注目パッケージデザイン

1.マーケティング活動におけるパッケージデザイン5つの役割
 ー商品価値を高める(機能的価値と情緒的価値)
 ートライアルの実現
 ー広告との連動
 ー経験価値の創出
 ーブランド資産

2.パッケージデザインはどう評価すべきか
 ーそもそもいいデザインとは何か
 ーデザイントレンドはどこから来るのか
 ーABCDの評価視点

3.パッケージデザインのリニューアル
 ー大きく変えるべきか小さく変えるべきか
 ーなぜリニューアルあるするのか

4.デザイン的に考えるという方法について
 ーデザイン思考とは何か
 ー商品開発プロセスとデザイン思考
 

< 小川 亮 先生のプロフィール >

株式会社プラグ(旧:株式会社アイ・コーポレーション ) 代表取締役

1994年、慶應義塾大学環境情報学部卒業後、キッコーマンに入社。
宣伝部・販促企画部・市場調査部に勤務。
同社退社後、慶應義塾大学ビジネススクールにてMBA取得。
武蔵大学経済学部・日本大学商学部 非常勤講師(現在は終了)
文部科学省学習指導要領改善協力メンバーも務める。

2007年より株式会社アイ・コーポレーション代表取締役。
食品・飲料・化粧品・医薬品などのパッケージデザインを手掛ける。

2014年7月、調査会社と合併し、新会社:株式会社プラグを設立、代表取締役就任。

【著書】
「図解でわかるパッケージデザインマーケティング」日本能率協会マネジメント センター
「ウサギくんと少年ルッコラのマーケティングの物語
 50年後も変わらない、売れるモノをつくる10の基本]日本能率協会マネジメン トセンター
「商品開発」(共著)実教出版
「商品・ビジネス開発のケースブック」 (共著)白桃書房

【その他の活動状況】
2014年7月より、調査会社CPPと合併し、新会社 プラグの代表となる。
従来の強みであるパッケージデザイン・マーケティングリサーチに加え
観察・深層心理・ユーザーイノベーションといった定性情報をもとに
コンセプト開発 デザイン開発までの商品開発コンサルテーションを手掛ける。

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内