(2014/5/28)第1112回 マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】(文化系)開発者の為の、ここだけは知っておきたい統計の基礎 ~調査企画から結果の分析まで~
講師
株式会社マーケッティング・サービス マーケティング部 次長 植竹 慶門 氏 首都大学東京大学院 社会科学研究科 経営学専攻 准教授  中山 厚穂 氏
日時
2014年5月28(水)14:30~16:30
参加費用
CMSメンバー(年間参加権契約メンバー):チケット制
情報会員 ―1名様10,800円(税込)消費税8%
一  般 ―1名様16,200円(税込)消費税8%
     【請求書到着後、銀行振込み】
場所
ハロ-会議室 茅場町【2014年1月から会場を変更いたしました。ご注意願います。】 <東京都中央区日本橋茅場町2丁目9−5 日進ビル3階> 地図

いまビッグデータの時代ともいわれていますが、商品開発者・マーケターの皆さまの中には、
統計やデータ分析に苦手意識がある方も多いのではないでしょうか。

今回は、株式会社マーケッティング・サービス マーケティング部 次長 植竹慶門 氏と、
首都大学東京大学院 社会科学研究科 経営学専攻 准教授 中山厚穂 氏をお招きし、
データ分析の面白さや役立ち、データの正しい見方など、事例を織り交ぜて
基本から分かりやすくご解説いただきます。

【アジェンダ】
1.調査企画の立て方
  ・調査目的の明確化(何が知りたくて調査を行うのか)
  ・仮説作りの重要性
  ・仮説を検証するためにどういう分析をすればよいかをイメージしておく。
     →調査票作りに反映(変数、選択肢の検討)
  ・調査デザイン
     →サンプルサイズはどのくらいが妥当なのか?(調査、実験等)。

2.データの尺度と基礎統計量について
  ・平均、分散、標準偏差:特に分散と標準偏差について、式と数値の意味を理解

3.2変数間の分析
 1)量的変数間の分析
  ・ピアソンの積率相関係数
  ・平均値の差の検定(t検定)
   ※事例を用いて解説。

 2)質的変数間の分析(2×2、k×lクロス集計表から)
  ・クロス集計は因果関係構築のヒントを与える。
  ・χ二乗検定
  ・クラメールの連関係数
   ※事例を用いて解説。

4.次に学ぶべきこと
  ・何を知りたいかによって、使用できる解析法は違う(多変量解析の分類)。
  ・それぞれの解析にはどういうデータが必要なのか。

<  先生のプロフィール >


  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内