(20013/12/18)第1104回 マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】『製品評価およびマーケティング調査における認知神経科学的アプローチの可能性』
講師
株式会社センタン 専任研究員 関根 崇泰 氏
日時
2013年12月18日(水)14:30~16:30
参加費用
CMSメンバー(年間参加権契約メンバー):チケット制
情報会員 ―1名様10,500円
一  般 ―1名様15,750円
     【請求書到着後、銀行振込み】
場所
ハロー会議室新富町(東京都中央区新富2-14-7 新光第一ビル7F) 地図

脳科学で検証!!
商品開発にどう生かす?
カレーがストレスを抑え、疲労を軽減する!?

 


近年、製品評価やマーケティング調査において脳計測の手法が注目されています。
今回は、脳科学・認知神経科学の知見に基づいたマーケティング・コンサルティングサービスを
行っている㈱センタンの関根研究員をお招きして、脳計測による製品評価と調査の実際と
可能性についてご解説いただきます。

<脳機能計測装置がどのようなものであるか実際にご覧いただき、
  ご体験いただくデモンストレーションも予定しております。>

【アジェンダ】
1)なぜ今、認知神経科学なのか?
  ・ヒトは無意識に「うそ」をつく 他
 
2)マーケティングと脳
  ・脳の報酬系と製品知覚 他
 
3)研究開発支援、マーケティング支援のための認知神経科学
  ①スパイスの認知機能向上効果の検証
  ②脳波計測を用いた魅力度評価 他
 
4)脳機能計測装置デモ
  脳波計測装置、近赤外線分光法装置のデモンストレーション

< 関根 崇泰 先生のプロフィール >

株式会社センタン 専任研究員
慶應義塾大学経済学部卒。
東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻博士課程修了。
現在、株式会社センタン 研究員。
認知脳科学的手法を応用した商品・サービス評価、研究開発支援に従事。

[著書]
「合理性再考」『現代思想』[2008.08]青土社
「ニューロマーケティングの可能性」『ハーバードビジネスレビュー:神経科学の知が「顧客理解力」を進化させる』[2010.10]ダイヤモンド社
 

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内