(2013/11/28)第1102回 マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】 リ・インベンション ~概念のブレ-クスル-をどう生み出すか
講師
神戸大学大学院 経営学研究科 教授 三品 和広 氏
日時
2013年11月28日(木)14:30~16:30
参加費用
CMSメンバー(年間参加権契約メンバー):チケット制
情報会員 ―1名様10,500円
一  般 ―1名様15,750円
場所
ハロー会議室新富町(東京都中央区新富2-14-7 新光第一ビル7F) 地図
◆マネージャー・経営陣の方に是非、聴いていただきたいテーマです。◆

現代の消費者マインド、成熟化した市場動向、さらには世界経済状況の中で
企業が生きのび、発展するためには何が必要か。

基準を競合製品に置き、表面的な高付加価値化を狙う「イノベーション」ではなく、
「リ・インベンション」―従来製品では満たされていなかったニーズに応える
コンセプト力や構想力そして組織力が問われていると提唱されている三品先生をお招きして、
新しい価値を作り消費者に驚きを与える商品をどう作るか、
その概念(コンセプト)を生み出す基本戦略から組織論まで成功事例をまじえてご解説頂きます。

【アジェンダ】
 1)リ・インベンションとは何か
    イノベーション偏重への反省
    マーケティング偏重への反省
 
2)なぜリ・インベンションなのか
    技術飽和論
    ライフサイクル論
    消費者習性論

 3)何をどう変えるべきなのか
    戦略論
    組織論
    組織プロセス論

< 三品 和広 先生のプロフィール >

神戸大学 大学院 経営学研究科 教授
1984年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了
1989年ハーバード大学文理大学院博士課程修了
1989年ハーバード大学ビジネススクール助教授
1995年北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術調査センター助教授
1997年北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科助教授
2002年神戸大学大学院経営学研究科助教授
2004年神戸大学大学院経営学研究科教授

[著書]
『リ・インベンション』東洋経済新報社、2013年
『どうする?日本企業』東洋経済新報社、2011年
『総合スーパーの興亡』東洋経済新報社、2011年(編著)
「日本企業の組織研究:過去から未来へ」組織科学第44巻第1号、2010年(共著)他多数。

 

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内