(2013/11/13)第1101回 マーケティング創造研究会
テーマ
【終了】 『ヒット商品を作れる人・作れない人』
講師
株式会社アバンギャルド/株式会社戸田覚事務所 代表取締役、ビジネス書作家 戸田 覚 氏
日時
2013年11月13日(水)14:30~16:30
参加費用
CMSメンバー(年間参加権契約メンバー):チケット制
情報会員 ―1名様10,500円
一  般 ―1名様15,750円
場所
ハロ-会議室 茅場町【いつもと会場が違います。ご注意願います。】 <東京都中央区日本橋茅場町2丁目9−5> 地図
ヒット商品はどのようにして生まれるのでしょうか?
商品開発担当者へのアポイント数千件、実際の取材300件を超える戸田覚講師に、
ヒット商品が生まれる理由を企画書や販売をベースに解きほぐしていただきます。

 戸田講師からのメッセージ
あらゆる製品、サービスボーダレスな時代。さまざまな製品が価格勝負で開発され、売られていきます。
勝者は1-2割で残りは敗者となり、大手メーカーさえ撤退が相次いでいます。
では、ユーザーは巨大メーカーの画一的な安価な商品を求めているのでしょうか?
このまま選択肢のない時代になっていくのでしょうか?
具体的なヒット商品の企画書には、ヒットが生まれたプロセスがしっかりと組み込まれていました。
それだけではなく、ヒットが生まれる大切なルールも隠されていたのです。
このセミナーでは、「凝り固まった現状」を打破するヒントを必ずお持ち帰りいただきます。
 
▼アジェンダ▼  
1.そもそも現代のヒット商品とは?   4.もはや売り方に力はない。商品力が勝負を決める
  たくさん売れればヒット商品なのか?
ならば値下げをすればよいだけです。
本当のヒット商品とは何でしょう?

※本セミナーでのヒット商品には
各種のサービスも含みます。
    商品より売り方だ
――もはや時代遅れの考え方になりました。
いまや、商品力がなければ勝てません。
 
2.誰もがヒット商品を生まない企画をしている   5.総ヒットにつながる企画を作れる人になる
  確実に売れる商品を作ろうとした結果、
逆にヒットしない商品を企画している人が
ほとんどです。 
    ヒット商品を生み出せる人が考えていること。
そのキーワードが結論。ヒット商品を生み出せる人は
何が違うのかを知ってください。
 
3.ヒット商品が生まれた実例    
  1000件を超える取材からヒット商品が
生まれた実例をご紹介します。
     

< 戸田 覚 先生のプロフィール >

株式会社アバンギャルド/株式会社戸田覚事務所 代表取締役、ビジネス書作家
■略歴
ビジネス書作家として、IT、ビジネス関連の著書を中心に累計150冊以上を執筆。
テレビ、ラジオ、講演など多数出演。
現職、株式会社アバンギャルド/株式会社戸田覚事務所 代表取締役。

■著作物(※リンク先は出版社の書籍情報です。)
新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』2013年3月 ダイヤモンド社
インフォメーション・クローゼット仕事術』2013年6月 日経BPなど多数
 

■その他活動情報
ホームページブログ戸田覚塾

 

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内